2018年10月03日

好きな本。

僕ドラゴニクスは本が好きだよ。

人間の歴史を知るうえで、いろんな文字を読んだよ。

中には、変なことを書く人もいるけどそれも一つの芸術と捉えているんだ。

  今日は僕が好きな本を紹介していこうと思う。

ドラゴニクスの独り言。

始まるよ。


僕の好きな本は、

星の王子さま。


 かなり売れている本で、歴史に残る本だと思う。

この本は、歴史上で多くの人の手に取られてきた本。

 いろんな人に読まれている理由はいろいろあると思うけど、

僕が思うに、子供が読んでも面白いし

大人が読んだら感動することにあると思うよ。

 簡単にいうと
誰が読んでも面白いんだね。

 大まかな内容を書くよ。

飛行機が誰もいない砂漠に墜落した主人公は、

 その砂漠で遠い宇宙から来た、王子と出会う。

その王子はいろんな星を回っていていろんな経験をしてきた。

いろんな星には、いろんな人がいて、その星で出会った人のことを星の王子さま
がどう思ったか、どう感じたかを教えてくれる。

 怒りっぽい人、自慢ばかりする人、しょうもない仕事だけど、頑張っている人。

それぞれの星の人は僕たちの周りの人にだぶらせたりすることが出来て、共感を呼ぶ。

物語終盤には、星の王子様が、遠い自分の星に帰られないといけなくなる。

そのときの別れが、とても感動する本fだよ。


 この本は、長くないけど、とても深い本だよ。

僕に大切なことを教えてくれた、ある種のバイブルなんだ。

 みんなもぜひ読んでね。
  

Posted by ドラゴニクス at 07:13Comments(0)